FC2ブログ

赤ちゃんが産まれてその他の手続き(●^o^●)

こんにちは(^^♪

今日もさっそく昨日の続きを書いていこうと思います(^^♪


出産手当金(働いているママのみ)

産休中に給料の2/3が健康保険から支給される制度です(●^o^●)
出産後56日以降で

・届出人の印鑑
・健康保険証
・振込み先口座
・出生を証明する書類
・出産手当金の請求書

健康保険や共済組合の場合は勤務先の窓口
で国民健康保険は対象外です(;_:)
提出人は 母親のみ

出産手当金は働いているママで、産休中会社から給料が出ない人のみが対象です。
ただし、退職してしまった場合でも1年以上在籍し、
退職後6カ月以内の分娩の場合は貰える場合があります。

期間は出産予定日42日以前から、出産56日後までの98日間で、
勤務しなかった期間分給付されます。出産が予定日を過ぎた場合は
その分も給付されますので多く貰えますが、逆に予定日より早かった場合は少なくなります。

また、産休中給与カットがある場合で、給与が出産手当金給付額より少ないときは差額が給付されます。

必需品は一般的でリストであり、書類は出生を証明する書類と
出産手当金の請求書以外にも必要な場合があります。


育児休業給付金(働いているママのみ)


育児休業中に給料の1/2が雇用保険から支給される制度で
期限は育児休業取得の1カ月前までです(^^♪

・届出人の印鑑
・振込み先口座
・出生を証明する書類
・育児休業基本給付金の申請書

提出先は勤務先の窓口で提出人は、母親のみです(^^♪


育児休業前に2年以上(2年間で1カ月に11日以上働いた月が12カ月以上)働いていて
雇用保険に入っているママが対象です。
必需品は組合によって異なりますので、確認が必要です。

育児休業中、申請時に指定した口座に、給与の1/2の金額が振り込まれます。
これは2カ月ごとに申請が必要です。
基本的には会社が手続きをしてくれますが、個人でしなければならない場合は期限に注意しましょう。

また、保育園に入れないなど事情がある場合、育児休業は半年を限度に延長することができますが
その場合はこの給付金も延長して受給できます。



高額医療費(妊娠や出産で健康保険が適応された場合)


健康保険が適用される治療で、一カ月に一定額を超える医療費がかかった場合超えた部分を
健康保険から返還してくれる制度

期限は診察日の翌月から2年以内

・届出人の印鑑
・健康保険証
・医療費の領収証
・高額医療費支給の申請書

提出先は健康保険や共済組合の窓口
国民健康保険の場合は住民票のある市区町村役所で
提出人は母親(専業主婦などで被扶養者になっている場合は父親)です(^^♪

妊娠や出産は病気ではないため、基本的にはすべての医療費が自己負担です。
ただし「切迫早産、ひどい悪阻での入院、帝王切開、陣痛促進剤の使用」などのトラブルで治療を受けたときは
保険が適応されます。

この保険が適応される治療で、1カ月間に一定額を超える医療費がかかったときには
高額医療費の制度を利用できます。

健康保険組合によっては、限度額を超える治療費がかかっている場合は
特別申請しなくても勤務先を通じて、返還手続きをしてくれるところもあります。

また、付加給付制度などで一般的な限度額より低い金額でも、いくらかの給付がある場合もありますので
保険適応の治療を受けたときは、自分の健康保険組合の制度を確認してみましょう。

産まれてすぐから色々な手続きがあって大変かとは思いますが
周りに協力してもらいながら頑張ってひとつづつ終わらせましょうね

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました(^^♪

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産体験記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

出生届と一緒に手続きしておいた方がいいもの(●^o^●)

こんにちは(^^♪

今日は、昨日お話していた通り出生届の手続きと一緒に
手続きをしておいた方がいいものを
いくつか紹介していきたいと思います(^^♪

健康保険の加入


項目

説明

内容 赤ちゃんの健康保険加入の手続きは、1か月検診までにしなければなりません(●^o^●)


・届出人の印鑑
・ 出生届出済証明が記入された母子手帳
・ 健康保険証
・ 出生届のコピー
を用意して健康保険や共済組合の場合は勤務先の窓口
国民健康保険の場合は住民票のある市区町村役所
に子供を扶養に入れる両親のどちらかが行って手続きをして下さい(●^o^●)

上記は一般的な必需品です。
自治体はほとんど同じですが、健康保険組合によっては異なる場合があります。

ママも働いている場合、パパとママのどちらの保険に入れるか迷いますが
一般的には「年間収入の多いほうの被扶養者とする」となっています。

ただし、ここでいう多いほうとは年間50~100万円程度の差がある場合です。
それ以下の差額、もしくは夫婦が同程度の収入の場合は
パパの保険に入れておいたほうが無難でしょう。



乳幼児医療費助成


赤ちゃんの医療費を助成して貰える制度です(●^o^●)
これも、 赤ちゃんの健康保険加入後、1カ月検診までです。

・届出人の印鑑
・ 出生届出済証明が記入された母子手帳
-・赤ちゃんの健康保険証
・ 普通預金通帳
をもって両親のどちらかが、住民票のある市区町村役所
に提出して下さい(●^o^●)

市区町村によっては所得制限があったり、貰える金額や年齢に差があります。
そのため、各自治体で必需品は異なる場合があるので、確認が必要です。

また、乳幼児医療証を病院の窓口で見せると、赤ちゃんの医療費が無料や定額になったり
一旦は支払って後日医療費が還付されるなど、自治体ごとで助成のシステムが異なります。
まずは自分の住んでいる市区町村の制度を確認しましょう。



児童手当金



小学校卒業前の子供を養育している人に、育児にかかるお金が
年金から支給される制度です(●^o^●)

これは、出生してから15日以内なので

・届出人の印鑑
・請求者の健康保険証
・請求者名義の普通預金通帳
・所得証明書(その年に転居した場合は課税証明書)

をもって出生届と一緒に住民票のある市区町村役所で
家庭の中で年収の多い人が手続きを行って下さい(●^o^●)

必需品は一般的なリストです。市区町村によって異なりますので、自治体に確認しましょう。

貰える金額は月単位であり、申請の締め切りは前月末になります。
そのため、誕生月の月末までの申請がベターです。
遡って申請することはできませんので、早めの申請をおすすめします。

支給額は

3歳未満は月15,000円
3歳~小学生までは第1子と第2子は月1万円
第3子以降は月15,000円、中学生は月1万円です。

所得制限は夫婦共働きの場合年収の多い人で判定されます。
その他、扶養の人数などでも所得制限の限度額は変わってきますので
わからない場合は市区町村役所に確認しましょう。

また、所得制限にかかった場合でも、当面の間は特例給付で中学校卒業まで、
こども1人あたり月5千円の支給がされます。


出産育児一時金および出産育児付加金


加入している健康保険から出産費用の一部が給付される制度です(●^o^●)

出産した翌日から2年間なので

・届出人の印鑑
・健康保険証
・出生を証明する書類
・出産育児一時金の請求書
・請求内容と同じ領収証か明細書の写し
・医療機関等との合意書

をもって健康保険や共済組合の場合は勤務先の窓口

国民健康保険の場合は住民票のある市区町村役所

に母親(専業主婦などで被扶養者になっている場合は父親)
が手続きにいって下さい(●^o^●)

退職後6カ月以内の分娩の場合、現在、ママがパパの被扶養者かどうかにかかわらず
ママが退職した会社に申請します。
出産育児一時金の支給額は、子ども1人につき42万円です。

ただし、産科医療補償制度に加入していない病院での出産の場合は39万円になります。
流産や死産の場合でも、妊娠4カ月以上でしたら受給対象になります。

健康保険組合が直接病院に費用を支払う「直接支払制度」を導入している病院では
個人で申請する必要はありません。

病院が用意してくれた書類に記入するだけで、出産費用から42万円を引いた金額が
退院時に請求されます。

もし、出産費用が42万円より少なかった場合、別途申請をすれば
差額を振り込んでもらうことができます。

一方、直接支払制度を導入していない病院では、一旦出産費用を全額支払います。
その後、個人で申請手続きをして銀行振込などで受け取ります。

出産育児付加金はそれぞれの健康保険組合が独自に、出産育児一時金に追加して給付しています。
したがって、加入している組合によって、貰える場合もあれば、貰えない場合もあります。
また金額も組合によって様々です。

どちらにしても、出産育児付加金の給付を受けるには申請が必要ですので、
自分の組合の制度を確認してみましょう。
必需品が多くて、組合によって異なるケースもあります。


働いているママさんはさらに手続きがありますので
続きはつぎの記事をご覧ください(●^o^●)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました(^^♪


にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産体験記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 育児ストレス・育児不安へ
にほんブログ村

テーマ : ママのお役立ち情報
ジャンル : 育児

新生児って…♡♡


こんにちゎ(o^^o)♪
今日からは、育児日記をかきながら
今からmamaになる&mamaデビューした方に
情報をかきながら悩みや相談にも
のっていこうと思いますヾ(@^▽^@)ノ 

もちろん、先輩mamaさん達のコメントも
ぢゃんぢゃんお待ちしてますo(^o^)o

続きを読む

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

プロフィール

♪キューピーmama♪

Author:♪キューピーmama♪
3人のmamaをしている主婦です(*^_^*)
気軽に遊びに来て下さいねッ(*^^)v

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR