FC2ブログ

妊娠中期


こんにちは


つわりが落ち着いてきた頃の方が多いかとおもいます(^^♪

今日は、安定期に入った妊娠中期の方にお話しをしていきたいと思います(^_-)-☆

張りや痛みはなぜ起こる?おなか全体が堅くなる張り、出血にご用心!

妊娠中期以降の出血はすぐに受診!
 

妊娠すると、多くの人が経験するおなかの張り、痛み、出血……。
あまり心配しなくていいこともありますが、重大なトラブルの前兆、サインということも。
そのとき、おなかの中では何が起こっているの?
 原因は? 
対処法は? 

そんなお話をしていきたいと思っています



張りや痛みはなぜ起こる?


妊娠すると、「おなかが痛い」「つるように痛む」「ぱんぱんに張る」というのは
みなさんよく経験することだと思います。
妊娠すると子宮はどんどん大きくなり、40週の間に、重さがなんと約20倍にもなります
子宮は筋肉でできているので、急激に膨らむと元に戻ろうとする力が働いて
それが張りや痛みとなって感じられるのです。

最初のうちは下腹部が痛み、子宮が大きくなるにつれて、だんだん上の方が痛むようになってきます。
しかし、人によって子宮の位置が少しずつ違うので、痛くなる場所も微妙に違います。
子宮の下のほうを支えている子宮円索(しきゅうえんさく)という組織も引っ張られます。
足の付け根あたりが痛むことが多いのですが、姿勢を変えたりしたときに
背中の方まで痛みが走ることがあります。

ホルモンの作用で便秘になりやすく、それで張りや痛みが起こっていることもあります。
妊娠中にもたくさん分泌されているプロゲステロン(女性ホルモン)には、胃腸の働きを不安定にしたり
水分を保持しようとする働きがあり、腸から水分を吸収するので、便秘になりやすいのです。

また、子宮筋腫を持っている人は、女性ホルモンの影響でさらに大きくなり
子宮に圧迫されて痛むことがあります。

筋腫は大きさや場所によっては、流産や早産、分娩障害などのリスクが高くなるので
超音波検査で筋腫があると診断された人は、経過を注意深く診ていく必要があります。

絨毛(じゅうもう)から分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンは
卵巣の中の黄体を刺激して女性ホルモンの分泌を促進しますが、ときに刺激し過ぎて
黄体に水分を溜めてしまいます。
普段は2~3cmの卵巣に水が溜まって倍近くに膨れ、刺すように痛むことがあります(ルティン嚢胞/のうほう)。

これも、妊娠8~16週目ぐらいになると、hCGの分泌が減ってきて、腫れも治まってくることが多いのです。
こうした妊娠中のダイナミックな変化が原因で起こる、おなかの張りや痛みは、自然なもの。
おなかが張ったり、痛くなったら、「休む、横になる」。1時間ほどで治まれば
あまり心配することはないでしょう。



心配なのは、しばらく横になったり、座って安静にしても張りや痛みが治まらないとき
出血があるときなどです。
出血があるかないかは、とても重要です

子宮外妊娠(しきゅうがいにんしん)、切迫流産や切迫早産、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)
など、赤ちゃんやママの身に危険が迫っているサインであることも

少量でも出血があったら、医師に連絡して指示に従いましょう。
多量の出血があったら救急車を呼んでください。
ただし、あまり心配のいらない出血もあります。

妊娠初期、4~11週目ごろまでの出血の8割以上は、妊娠初期の時にお話した通りいわゆる「着床出血」。
受精卵は着床すると、絨毛という組織を子宮内膜にのばし、胎盤をつくり始めます。
そのとき子宮内膜の血管を壊してしまうことがあるのです。
たいていは吸収されて自然になくなってしまうのですが、出血が多いと
外に漏れ出したり、血が溜まった状態になります(絨毛膜下血腫/じゅうもうまくかけっしゅ)。

出血が茶褐色で、量も少なく、赤ちゃんの心拍がしっかり確認できているのであれば、たいていは大丈夫です
ただし、見た目より出血が多い場合もあるので、少量でも出血があったら
必ずかかりつけの病院や産院に連絡しましょう

妊娠10週以降に初めて出血した場合は、子宮頸管ポリープ、炎症性のびらん、細菌性の膣症
子宮頸管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう)などが考えられます。
症状によって治療や影響も異なります。
ポリープやびらんは直接赤ちゃんに影響はありませんが、子宮への感染症の原因になることがあるので
切除する場合があります。


妊娠中期に入ってからの出血は、妊娠初期と違ってたとえほんの微量の出血でも、すぐに診察を受けてください

切迫早産が圧倒的に多くなってくるからです。
ポリープやびらんなど赤ちゃんに影響のないときもありますが
この時期の出血は甘く見てはいけません。

高齢出産が増えるにしたがって、切迫早産は増加する傾向にあります。
とくに、初めて出血した、微量でも出血時におなかの強い張りを感じる、というときは
何はともあれ、かかりつけの施設に連絡
激痛が起きた、大量に出血した、というときは、救急車を呼んでください

 
まとめると、妊娠初期も、出血などあればかかりつけの病院に連絡するのが一番ですが
妊娠中期の出血など変わった事があった時の方が重大ということが分かるかと思います(^^♪

なので、自分では判断せず、少しでも異変があったら迷わずすぐにかかりつけの病院に連絡して下さい

妊娠中期は、なにもなければ胎動を感じる時期です(^^♪
赤ちゃんが元気に成長している証なので胎動は旦那さんにpapaの自覚をもってもらえるように
一緒に胎動を感じてみてはいかがですか?

うちの旦那は、毎日お腹に手をあてて話かけたり撫でたり耳をあててみたり
していましたが、今ではとても良いpapaになっていますよ

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました



にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪キューピーmama♪

Author:♪キューピーmama♪
3人のmamaをしている主婦です(*^_^*)
気軽に遊びに来て下さいねッ(*^^)v

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR