FC2ブログ

妊娠後期(9か月)に入ると…(^^♪

こんにちは

今日は妊娠後期9か月頃のお話をしたいと思います

頻尿や尿漏れが起こりやすくなる

大きくなった子宮に膀胱が圧迫されるため、さらにトイレが近くなったり
残尿感を感じることがあります。
くしゃみをしたりおなかに力を入れたりすると、尿漏れをすることもあります
痛みを感じるなど膀胱炎の心配があるときはお医者さんに相談してください

息苦しさが強くなる

胃、心臓、肺なども圧迫され、背骨まで痛みを感じるほど。
呼吸が苦しく、動悸が起こることもあります。


妊娠9ヶ月に起こる症状


腰が痛くなる

大きなおなかで生活するだけで腰にはかなりの負担。
足のつけねが痛む人も少なくありません。

こむらがえりが起こる

こむらがえりという足のけいれんが起きるのも、子宮に圧迫されるからみたいです
カルシウム不足も原因のひとつなので
カルシウムをとるようにしてください

足がむくむ

足のむくみ、だるさ、つるといったことが起こります。
足を高くして寝たり、お風呂でマッサージしましょう


妊娠9ヶ月にやること・気をつけること


疲れない程度の運動をする

安産のために、散歩や簡単な体操で筋肉を鍛え、ストレッチで骨盤や体をほぐしておく。
急な激しい運動は厳禁。可能な範囲でやりましょう。

体調の変化に注意する

おなかのはり、おりものの色や匂いなど、体調の変化に気をつけてください。
おなかのはりは陣痛のはじまりである可能性もありますし
おりものは細菌性膣炎によるものかもしれません

実家に帰って里帰り出産の準備

里帰り出産をする人は、実家に帰ってすぐに出産する産院を受診。
これまでの経過なども渡しておきます。
実家では産後もしばらく過ごすので、小児科や夜間救急の病院などを調べておくといいでしょう

呼吸法やリラックスの練習をする

陣痛がはじまってから呼吸法をやろうとしても難しいので、この頃から練習。
普段からリラックスを心がけておくことも大切です。



頭を下にした状態

30週くらいまでは羊水の中でクルクル回れたので骨盤位(さかご)になることもありました。
しかし、たいていは頭を下にした頭位に落ち着きます。
この時点で逆子の場合は、帝王切開を考えはじめます。

胎動が少なくなる

頭位で落ち着くと、以前ほど活発に動けなくなります。
とはいえ、まったく動かなくなったり、あまりに激しく動くときは病院を受診してください。


皮下脂肪がついて顔や体もふっくら


爪や髪が伸びている

皮下脂肪がついて、顔もふっくらしてきます。
見た目にも、内臓の機能も、出産後の赤ちゃんと同じくらいに成長しています。
まだ正期産(37週~41週のお産)ではありませんが、この時期に産まれても
正期産で産まれた赤ちゃんと同じように育つことができます。

胎毛が消える

赤ちゃんの腹部や顔に生えていた胎毛がなくなります。
しかし、全身を覆っている胎脂が赤ちゃんの皮膚を守り、産まれるときに滑りやすくしてくれます。

9か月はこれ位でしょうかぁ





にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティー情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

♪キューピーmama♪

Author:♪キューピーmama♪
3人のmamaをしている主婦です(*^_^*)
気軽に遊びに来て下さいねッ(*^^)v

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
FC2カウンター
FC2カウンター2
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR